基本情報技術者平成16年春期 午前問59

午前問59

パソコンの主記憶の効率的な使用に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 各種のアプリケーションの処理中に異常終了が何回か発生したときは,デフラグメンテーションを実行する。
  • 主記憶領域の使用率を下げるために,デスクトップ上の利用頻度の少ないアイコンを削除したり,不要なウィンドウを閉じたりする。
  • 主記憶領域を確保するために,アーカイブ機能で書庫を整理する。
  • データの記録と消去を頻繁に行った結果,処理速度が遅くなった場合は,スキャンディスクを実行する。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

  • スキャンディスクを実行するのが適切です。
  • 正しい。不要なウィンドウを閉じたり常駐プログラムを少なくするなどのほかに、主記憶領域にデータが展開されているデスクトップアイコンも余りに数が多い場合は必要最低限に減らすことで主記憶領域の使用率を減らすことができます。
  • 書庫を整理しても補助記憶装置の領域が広くなるだけで主記憶領域には関係がありません。
  • デフラグメンテーションを実行するのが適切です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop