基本情報技術者平成16年春期 午前問39

午前問39

図のようなLAN設備がある。LAN1のクライアントはLAN3に接続されているサーバを使用して,ある業務処理を行っている。通常は,ルータ1を介して通信を行っているが,ルータ1の故障時にはルータ2,3を介して通信を行う。このLAN1とLAN3をつなぐLAN設備の稼働率は幾らか。ここで,各ルータの故障率は0.1とし,故障時の切替えに時間はかからず,ルータ以外のLAN設備の故障は考慮しないものとする。
39.gif/image-size:256×175

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

各ルータの稼働率は、(1−故障率)で求められた 0.9 です。またLAN1とLAN3が通信するためには、ルータ1が稼働,またはルータ2とルータ3が両方とも稼働としていることが求められます。

これらの条件を単純化したモデルで表すと次のようになります。
39a.gif/image-size:291×103
ルータ2とルータ3が直列に接続されている部分の稼働率は、

 0.92=0.81

上記の部分と、ルータ1が並列に接続されているので、

 1−(1−0.9)(1−0.81)
=1−0.1×0.19
=1−0.019=0.981

LAN設備の稼働率は0.981であることがわかります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop