基本情報技術者平成16年春期 午前問30

午前問30

仮想記憶方式の一つに,仮想アドレス空間を固定長の領域に分割して管理するものがある。この固定長の領域を示す用語はどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H19春期 問28

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

ページング方式は、仮想アドレス空間を「ページ」と呼ばれる固定長の区画に分割,同時に主記憶上も同じように固定長に分割して、このページ単位で主記憶と補助記憶装置のアドレス変換を行う方式です。
補助記憶装置から主記憶にページを移すことをページイン,逆に主記憶から補助記憶装置に移すことをページアウトといいます。
  • セクタは、磁気ディスク装置においてデータを記録するための最小単位です。
  • セグメント方式では、実記憶空間や仮想記憶空間を論理的に意味のあるように分割するため単位は可変長となります。
  • フレームは、HDLC、イーサネットなどのデータリンク層における基本的な伝送単位です。
  • 正しい。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop