基本情報技術者平成15年春期 午前問75

午前問75

販売価格が12万円の製品を製造するのに,表のような案Aと案Bがある。販売数量によって,どちらの案が有利かが決まる。案Aと案Bにおいて,有利さが逆転する月間販売数量は何個か。
75.gif/image-size:244×79
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H24秋期 問77

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

この問題ではまず、案ごとの単位当たり限界利益を計算することから始まります。

限界利益とは、売上が1単位増えることで増える利益のことで、「売上高−変動費」で求められます。(限界利益は固定費を含んでいます)
  • 案Aの限界利益… 12−5=7万円/個
  • 案Aの限界利益… 12−7=5万円/個
この問題では(限界利益ではない)利益は「限界利益−固定費」で求めれるので、それぞれの案の利益が等しくなる販売個数Nを方程式によって導きます。

 5N−1000=7N−2000
 2N=1000
 N=500

上記の計算から双方の案の利益が一致し、有利さが逆転する販売個数は500個とわかります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop