基本情報技術者平成15年春期 午前問4

午前問4

浮動小数点演算において,絶対値の大きな数と絶対値の小さな数の加減算を行ったとき,絶対値の小さな数の有効けたの一部又は全部が結果に反映されないことを何というか。
  • 打切り誤差
  • けた落ち
  • 情報落ち
  • 絶対誤差
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H20秋期 問4

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

  • 無限小数などの計算を途中で打ち切ることなどによって生じる誤差です。
  • 浮動小数点演算において,絶対値の非常に近い値同士の加減算をした場合に,有効桁数が減ってしまうことです。
  • 正しい。
  • 真の値と測定値との差を示す誤差のことです。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop