基本情報技術者平成15年春期 午前問39

午前問39

MTBFが1,500時間,MTTRが500時間であるコンピュータシステムの稼働率を1.25倍に向上させたい。MTTRを幾らにすればよいか。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H18秋期 問34

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

稼働率と、MTBF(平均故障間隔),MTTR(平均修理時間)の間には次の関係があります。

 稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR)

現行の稼働率は、

 1500/(1500+500)
=1500/2000=0.75

したがって目標となる1.25倍の稼働率は0.9375になります。各選択肢のMTTRを式に当てはめて稼働率を計算することで正解を導きます。
  • 1500/(1500+100)=0.9375
    正しい。MTTRが100時間の場合、稼働率は1.25倍になります。
  • 1500/(1500+125)≒0.9230(×)
  • 1500/(1500+250)≒0.8571(×)
  • 1500/(1500+375)=0.8(×)
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop