基本情報技術者平成15年春期 午前問36

午前問36

クライアントサーバシステムの特徴に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • クライアントとサーバのOSは,同一種類にする必要がある。
  • サーバはデータ処理要求を出し,クライアントはその要求を処理する。
  • サーバは,必要に応じて処理の一部を更に別のサーバに要求するためのクライアント機能をもつことができる。
  • サーバは,ファイルサーバやプリントサーバなど,機能ごとに別のコンピュータに分ける必要がある。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H19春期 問31

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

クライアントサーバシステム(client-server system:C/S)は、サービスを要求する側であるクライアントと、サービスを提供するサーバにアプリケーションの機能を分離した垂直分散システムの一形態です。
  • サーバとクライアントは互いに異なるOSでも構いません。
  • 記述が逆です。データ処理要求を出すのがクライアント,その要求を処理するのがサーバです。
  • 正しい。サーバは機能ごとに独立しているために目的のために必要な機能を別のサーバに要求をすることがあります。例えば3層クライアントサーバシステムでは、アプリケーションサーバがデータベースサーバに対してデータベースに対する処理要求を行います。
  • 仮想化の技術を用いることで1台のコンピュータに複数のサーバの機能を持たせることも可能です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop