基本情報技術者平成15年春期 午前問20

午前問20

パソコンのCPUのクロック周波数に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • クロック周波数は,CPUの命令実行タイミングを制御するので,クロック周波数が高くなるほどパソコンの命令実行速度が向上する。
  • クロック周波数は,磁気ディスクの回転数にも影響を与えるので,クロック周波数が高くなるほど回転数が高くなり,磁気ディスクの転送速度が向上する。
  • クロック周波数は,通信速度も制御するので,クロック周波数が高くなるほどLANの通信速度が向上する。
  • クロック周波数は,パソコンの内部時計の基準となるので,クロック周波数が2倍になると,割込み間隔が1/2になり,リアルタイム処理の処理速度が向上する。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17春期 問1
  • 基本情報技術者 H18秋期 問19

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

クロック周波数は、1秒間に何回のクロックが発振されるかを表す数値でプロセッサの性能指標として使われます。クロックはメトロノームのように複数の回路の同期をとるために使用されているので、一般にコンピュータの機種・製品が同じであればクロック周波数が高いほど処理速度は高くなります。
  • 正しい。
  • クロック周波数と磁気ディスクの回転速度の間に関連性はありません。
  • クロック周波数とLANの通信速度の間に関連性はありません。
  • クロック周波数と割込み頻度の間に関連性はありません。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop