基本情報技術者平成14年春期 午前問18

午前問18

プロセッサにおけるパイプライン処理方式に関する説明として,適切なものはどれか。
  • 単一の命令を基に,複数のデータに対して複数のプロセッサが同期をとりながら並列的にそれぞれのデータを処理する方式
  • 一つのプロセッサにおいて,単一の命令に対する実行時間をできるだけ短くする方式
  • 一つのプロセッサにおいて,複数の命令を少しずつ段階をずらしながら同時実行する方式
  • 複数のプロセッサが,それぞれ独自の命令を基に複数のデータを処理する方式
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H18春期 問17
  • 基本情報技術者 H21春期 問11
  • R 問

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » プロセッサ

正解

解説

パイプライン制御は、CPUで処理される1命令を、命令読出し(フェッチ)、解読(デコード)、アドレス計算、オペランド呼出し、実行 というような複数のステージに分け、各ステージを少しずつずらしながら独立した処理機構で並列に実行することで、処理時間全体を短縮させる技法です。命令を分割することで、1つの命令がすべて終わる前に次の命令の処理を開始することができるためスループットが向上します。
18.gif/image-size:455×279
パイプラインには各命令の実行時間が均一である必要があるため、プロセッサの内部構造がRISCアーキテクチャであることが望ましいとされています。

したがって正しい記述は「ウ」です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop