オリジナル模擬試験2 問80

問80

製造物責任法の対象となる制御用ソフトウェアの不具合はどれか。ここで,制御用ソフトウェアはエレベータの制御装置に組み込まれているものとする。
  • エレベータの待ち時間が長くなる原因となった不具合
  • エレベータの可動部分の交換を早める原因となった不具合
  • エレベータメーカの出荷作業の遅延の原因となった不具合
  • 人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合
  • [出典]
  • 基本情報技術者 H24春期 問80

分類

ストラテジ系 » 法務 » 労働関連・取引関連法規

正解

解説

製造物責任法(PL法)は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた際に製造業者の損害賠償の責任について定めることで、被害者の保護を目的とした法律です。

選択肢の中で、製造物責任法の対象となる人の生命、身体又は財産に係る被害が生じたケースは「エ」だけなので、これだけが製造物責任法の対象となる不具合に該当します。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop