基本情報技術者令和元年秋期 午前問47

午前問47

エラー埋込法において,埋め込まれたエラー数をS,埋め込まれたエラーのうち発見されたエラー数をm,埋め込まれたエラーを含まないテスト開始前の潜在エラー数をT,発見された総エラー数をnとしたとき,S,T,m,nの関係を表す式はどれか。
  • \(\dfrac{m}{S} = \dfrac{n-m}{T}\)
  • \(\dfrac{m}{S} = \dfrac{T}{n-m}\)
  • \(\dfrac{m}{S} = \dfrac{n}{T}\)
  • \(\dfrac{m}{S} = \dfrac{T}{n}\)

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

まず4つのエラー数の関係を図示します。
47.gif/image-size:266×130
潜在エラーのうちテストで発見されたエラー数は、次の式で表すことができます(下のオレンジ色の部分)。

 発見された総エラー数−埋め込まれたエラーのうち発見されたエラー数
n−m

埋め込まれたエラーの発見率 \(\dfrac{m}{S}\) と潜在エラーの発見率 \(\dfrac{n-m}{T}\) は同程度と考えられるので、 \(\dfrac{m}{S} = \dfrac{n-m}{T}\) の関係式が成り立ちます。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop