基本情報技術者令和元年秋期 午前問10

午前問10

10進法で5桁のa1a2a3a4a5をハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5,13) とし,求めたハッシュ値に対応する位置の配列要素に格納する場合,54321は次の配列のどの位置に入るか。ここで,mod(x,13) は,xを13で割った余りとする。
10.gif/image-size:142×166
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問14
  • 基本情報技術者 H22秋期 問7
  • 基本情報技術者 H25春期 問7

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » データ構造

正解

解説

ハッシュ法とは、探索するデータのキー値からデータの格納アドレスを直接計算する方法で、この計算の際に使われる関数をハッシュ関数といいます。

ハッシュ関数が mod(a1+a2+a3+a4+a5、13) なので、そのまま"54321"を当てはめます。mod()は、第1引数を第2引数で割った余りを求めるので、

 mod(5+4+3+2+1,13)=mod(15,13)=2

したがって、データ"54321"が格納されるのは配列の2番目の位置となります。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop