基本情報技術者平成31年春期 午前問67

午前問67

企業経営で用いられるコアコンピタンスを説明したものはどれか。
  • 企業全体の経営資源の配分を有効かつ統合的に管理し,経営の効率向上を図ることである。
  • 競争優位の源泉となる,他社よりも優越した自社独自のスキルや技術などの強みである。
  • 業務プロセスを根本的に考え直し,抜本的にデザインし直すことによって,企業のコスト,品質,サービス,スピードなどを劇的に改善することである。
  • 最強の競合相手又は先進企業と比較して,製品,サービス,オペレーションなどを定性的・定量的に把握することである。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H25春期 問68

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

コアコンピタンス(core competence)は、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる,または競争力の源となる企業独自のノウハウや技術のことをいいます。
  • ERP(EnterPrise Resource Planning)の説明です。
  • 正しい。コアコンピタンスの説明です。
  • BPR(Business Process Reengineering)の説明です。
  • ベンチマーキングの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop