基本情報技術者平成31年春期 午前問64

午前問64

ビッグデータの活用事例を,ビッグデータの分析結果のフィードバック先と反映タイミングで分類した場合,表中のdに該当する活用事例はどれか。
64.gif/image-size:420×136
  • 会員カードを用いて収集・蓄積した大量の購買データから,一人一人の嗜好を分析し,その顧客の前月の購買額に応じて,翌月のクーポン券を発行する。
  • 会員登録をした来店客のスマートフォンから得られる位置データと,来店客の購買履歴データを基に,近くの売場にある推奨商品をスマートフォンに表示する。
  • 系列店の過去数年分のPOSデータから月ごとに最も売れた商品のランキングを抽出し,現在の月に該当する商品の映像を店内のディスプレイに表示する。
  • 走行中の自動車から,車両の位置,速度などを表すデータをクラウド上に収集し分析することによって,各道路の現在の混雑状況をWebサイトに公開する。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

  • [反映タイミング] 1か月ごとにクーポン券を発行→毎月
    [フィードバック先] 顧客ごと
    したがって、一定期間ごと/顧客個々の組合せ(c)に該当します。
  • 正しい。
    [反映タイミング] 現在、近くにある商品を奨める→即時
    [フィードバック先] 来店客ごと
    したがって、即時/顧客個々の組合せ(d)に該当します。
  • [反映タイミング] 月ごとに店内のディスプレイの表示を変更→毎月
    [フィードバック先] 店舗の来店客全体に対して
    したがって、一定期間ごと/顧客全体の組合せ(a)に該当します。
  • [反映タイミング] 現在の混雑状況を表示する→即時
    [フィードバック先] Webサイトの閲覧者全体に対して
    したがって、即時/顧客全体の組合せ(b)に該当します。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop