基本情報技術者平成31年春期 午前問26

午前問26

関係モデルの属性に関する説明のうち,適切なものはどれか。
  • 関係内の属性の定義域は重複してはならない。
  • 関係内の属性の並び順に意味はなく,順番を入れ替えても同じ関係である。
  • 関係内の二つ以上の属性に,同じ名前を付けることができる。
  • 名前をもたない属性を定義することができる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース方式

正解

解説

関係データベースにおいて、関係は表、属性は列(又はカラム)、組(又はタプル)は行(又はレコード)に対応します。
  • 定義域とは、「属性が取り得る値の集合」のことでデータ型と同じ意味です。ドメインともいいます。
    関係内の2つの属性に整数型などの同じ定義域を設定することを考えれば、定義域の重複は問題にならないとわかります。
  • 正しい。属性の並びに意味はありません。また組の並びにも意味はありません。属性・組ともに、並び順が変わっても関係が変わるわけではありません。
  • 属性につける名前は、関係内で一意でなければなりません。
  • 属性には必ず属性名を付けなければなりません。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop