基本情報技術者平成31年春期 午前問19

午前問19

インタプリタの説明として,適切なものはどれか。
  • 原始プログラムを,解釈しながら実行するプログラムである。
  • 原始プログラムを,推論しながら翻訳するプログラムである。
  • 原始プログラムを,目的プログラムに翻訳するプログラムである。
  • 実行可能なプログラムを,主記憶装置にロードするプログラムである。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

インタプリタ(Interpreter)は、プログラム言語の処理系の1つで、実行時にソースコードを1文ずつ解釈しながらプログラムを実行していくソフトウェアです。これに対して、高水準語で記述されたソースコードを機械語などに一括して翻訳するソフトウェアをコンパイラ(Compiler)といいます。

インタプリタ方式は、コンパイラ方式と比較してプログラムの実行速度が遅くなる傾向にありますが、開発時にプログラム作成とテストの繰返しを容易に行える利点があります。JavaScript、PHP、Pythonなどのプログラム言語がインタプリタ方式を採用しています。
  • 正しい。インタプリタの説明です。
  • トランスレータの説明です。
  • コンパイラの説明です。
  • ローダの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop