基本情報技術者 平成30年秋期 午前問55

午前問55

キャパシティ管理における将来のコンポーネント,並びにサービスの容量・能力及びパフォーマンスを予想する活動のうち,傾向分析はどれか。
  • 特定の資源の利用状況を時系列に把握して,将来における利用の変化を予測する。
  • 待ち行列理論などの数学的技法を利用して,サービスの応答時間及びスループットを予測する。
  • 模擬的にトランザクションを発生させて,サービスの応答時間及びスループットを予測する。
  • モデル化の第一段階として,現在達成されているパフォーマンスを正確に反映したモデルを作成する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ技術評価

正解

解説

  • 正しい。傾向分析は、資源の使用状況やサービスのパフォーマンスに関するデータを収集し、それらの推移を分析することで将来予測を行おうとする手法です。トレンド分析ともいいます。
  • 数値解析モデルの説明です。
  • シミュレーションモデルの説明です。
  • ベースラインモデルの説明です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop