基本情報技術者平成30年秋期 午前問37

午前問37

AES-256で暗号化されていることが分かっている暗号文が与えられているとき,ブルートフォース攻撃で鍵と解読した平文を得るまでに必要な試行回数の最大値はどれか。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

AES-256は、共通鍵暗号方式であるAESのうち、鍵長256ビットの暗号鍵を用いて暗号化/復号を行う方式のことです。また、ブルートフォース攻撃は特定の文字数および文字種で設定される可能性のあるすべての組合せを試すことで解読を試みる攻撃手法です。

鍵長256ビットということは、2256種類の鍵の中でいずれか1つが使用されているということですので、正しい平文に戻すためには最大で2256回の試行が必要です。なお、平均試行回数は2128回になります。

したがって「エ」が正解です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop