基本情報技術者平成29年春期 午前問13

午前問13

ベンチマークテストの説明として,適切なものはどれか。
  • 監視・計測用のプログラムによってシステムの稼働状態や資源の状況を測定し,システム構成や応答性能のデータを得る。
  • 使用目的に合わせて選定した標準的なプログラムを実行させ,その処理性能を測定する。
  • 将来の予測を含めて評価する場合などに,モデルを作成して模擬的に実験するプログラムでシステムの性能を評価する。
  • プログラムを実際には実行せずに,机上でシステムの処理を解析して,個々の命令の出現回数や実行回数の予測値から処理時間を推定し,性能を評価する。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19秋期 問14
  • 基本情報技術者 H24春期 問18

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

ベンチマークテストは、システムの使用目的に合わせたプログラム、あるいは評価対象の業務の典型的な処理プログラムを用いて、入出力や制御プログラムを含めたシステムの総合的な処理性能を測定する性能評価手法です。

代表的なベンチマークにSPEC,TPCなどがあります。
SPEC
プロセッサの性能を評価するベントマークテストで、整数演算の性能を評価するSPECint、浮動小数点演算能力を評価するSPECfpがある。
TPC
オンライントランザクション処理システムの性能を評価するベンチマークテスト
  • モニタリングの説明です。
  • 正しい。ベンチマークテストの説明です。
  • シミュレーションの説明です。
  • 静的積算の説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop