基本情報技術者 平成28年春期 午前問62

午前問62

エンタープライズアーキテクチャの"四つの分類体系"に含まれるアーキテクチャは,ビジネスアーキテクチャ,テクノロジアーキテクチャ,アプリケーションアーキテクチャともう一つはどれか。
  • システムアーキテクチャ
  • ソフトウェアアーキテクチャ
  • データアーキテクチャ
  • バスアーキテクチャ
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H23特別 問61
  • 基本情報技術者 H25秋期 問62

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

エンタープライズアーキテクチャ(EA:Enterprise Architecture)は、組織の全体最適化の観点より、業務及びシステム双方の改革を実践するために、業務及びシステムを統一的な手法でモデル化し、改善することを目的とした設計・管理方法です。
エンタープライズアーキテクチャでは、モデリングにより業務とシステムの現状(As-Is)とあるべき姿 (To-Be)を整理し、あるべき姿(To-Be)の実現を目指して業務およびシステムの改善を図ります。大企業や政府機関などといった巨大な組織(enterprise)の業務手順・情報システムの標準化、および組織の最適化を進めることによる運営の効率化を図るための方法論として活用されます。

エンタープライズアーキテクチャでは、業務およびシステムを4つの階層に区分しています。
ビジネス・アーキテクチャ 政策・業務体系
政策・業務の内容、実施主体、業務フロー等について、共通化・合理化など実現すべき姿を体系的に示したもの。
構成要素…業務説明書、機能構成図、機能情報関連図、業務フローなど
アプリケーション・アーキテクチャ 処理体系
業務処理に最適な情報システムの形態を体系的に示したもの。
構成要素…情報システム関連図や情報システム機能構成図など
データ・アーキテクチャ データ体系
各業務・システムにおいて利用される情報すなわちシステム上のデータの内容、各情報(データ)間の関連性を体系的に示したもの。
構成要素…情報体系クラス図、エンティティ・リレーション図、データ定義表など
テクノロジー・アーキテクチャ 技術体系
実際にシステムを構築する際に利用する諸々の技術的構成要素(ハード・ソフト・ ネットワーク等)を体系的に示したもの。
構成要素…ネットワーク構成図、ソフトウェア構成図、ハードウェア構成図など
したがって残る一つは「データアーキテクチャ」ということになります。
62.gif/image-size:401×231
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop