基本情報技術者 平成28年春期 午前問56

午前問56

ITサービスマネジメントにおけるインシデントの記録と問題の記録の関係についての記述のうち,適切なものはどれか。
  • インシデントの分類とは異なる基準で問題を分類して記録する。
  • 問題の記録1件は,必ずインシデントの記録1件と関連付けられる。
  • 問題の記録には,問題の記録の発端となったインシデントの相互参照情報を含める。
  • 問題の記録の終了の際に既知の誤りが特定されていれば,問題の記録の発端となったインシデントの記録を削除する。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメントプロセス

正解

解説

  • 問題管理における問題は、インシデント管理プロセスと同じ基準に従って分類されるべきです。
  • 複数のインシデントが同じ原因から生じた問題であれば、問題とインシデントが1対1に対応しないこともあります。
  • 正しい。問題レコードにはインシデントとの関連付けを含め、問題に関するあらゆる情報を記録します。
  • インシデントと問題の関連が失われてしまうため、インシデントの記録は残しておくべきです。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop