基本情報技術者 平成28年春期 午前問3

午前問3

UNIXにおける正規表現 [A−Z]+[0−9]* が表現する文字列の集合の要素となるものはどれか。ここで,正規表現は次の規則に従う。

  • [A−Z]は,英字1文字を表す。
  • [0−9]は,数字1文字を表す。
  • *は,直前の正規表現の0回以上の繰返しを表す。
  • +は,直前の正規表現の1回以上の繰返しを表す。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H14春期 問10
  • 基本情報技術者 H17秋期 問10

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

正規表現は、字句のパターンの集合を表す式で定義する方法です。設問の規則に従うと[A−Z]+[0−9]*は、
  • [A−Z]+ 英字1回以上の繰返し
  • [0−9]* → 数字0回以上の繰返し
というパターンを表していることになります。
  • 文字列は英字で開始するので不適切です。
  • +は直前の文字クラスを修飾するための特殊文字であるため、+自体が含まれている文字列にはマッチしません。
  • *は直前の文字クラスを修飾するための特殊文字であるため、*自体が含まれている文字列にはマッチしません。
  • 正しい。英字1文字以上からはじまり、数字が0文字以上続く文字列なので正規表現を満たす文字列です。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop