基本情報技術者平成28年秋期 午前問50

午前問50

モデリングツールを使用して,本稼働中のデータベースシステムの定義情報からE-R図などで表現した設計書を生成する手法はどれか。
  • コンカレントエンジニアリング
  • ソーシャルエンジニアリング
  • フォワードエンジニアリング
  • リバースエンジニアリング
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21春期 問49

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

リバースエンジニアリングは、ソフトウェアの動作を解析するなどして製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する技法です。
  • コンカレントエンジニアリングは、ソフトウェア開発サイクルに伴い発生する様々な作業を、同時並行的に行ういことで開発期間の短縮や開発コストの削減を目指す開発手法です。
  • ソーシャルエンジニアリングは、人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を不正取得する行為です。
  • フォワードエンジニアリングは、リバースエンジニアリングによって導き出された仕様に新規ソフトウェア用の変更・修正を加えた新仕様からソフトウェアを作成する技法です。
  • 正しい。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop