基本情報技術者平成28年秋期 午前問28

午前問28

関係代数の演算のうち,関係R,Sの直積(R×S)に対応するSELECT文はどれか。ここで,関係R,Sを表R,Sに対応させ,表R及びSにそれぞれ行の重複はないものとする。
  • SELECT * FROM R,S
  • SELECT * FROM R EXCEPT SELECT * FROM S
  • SELECT * FROM R UNION SELECT * FROM S
  • SELECT * FROM R INTERSECT SELECT * FROM S

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

直積は、2つの関係(表)に含まれる要素のすべての組合せから成る表を得る演算です。
R,Sという2つの関係があるとき、R×Sは、関係Rの1つの行に対して関係Sのそれぞれの行を繋ぎ合わせた関係を返します。
28a.gif/image-size:393×289
  • 正しい。SQLでは結合条件を指定しない場合や、結合条件が誤っている場合には2つの表を直積結合した結果を返します。
  • R EXCEPT S は、R表に存在し、S表に存在しない行から成る表(差集合)を返す演算です。
    28i.gif/image-size:454×110
  • R UNION Sは、2つの表の合わせた集合から重複を除去した表(和集合)で返す演算です。
    28u.gif/image-size:454×167
  • R INTERSECT S は、R表とS表に共通する行から成る表(共通集合)を返す演算です。
    28e.gif/image-size:454×110
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop