基本情報技術者平成28年秋期 午前問2

午前問2

ある工場では,同じ製品を独立した二つのラインA,Bで製造している。ラインAでは製品全体の60%を製造し,ラインBでは40%を製造している。ラインAで製造された製品の2%が不良品であり,ラインBで製造された製品の1%が不良品であることが分かっている。いま,この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出して調べたところ,それは不良品であった。その製品がラインAで製造された確率は何%か。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H14春期 問6

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

製品全体に対するラインAで製造された不良品の割合は、

 0.6×0.02=0.012

同様にラインBで製造された不良品の割合は、

 0.4×0.01=0.004

不良品の比率は、

 0.012:0.004=3:1

であるため、調べた不良品がラインAで製造された確率は、

 3/4=75(%)

したがって「エ」が正解です。
02.gif/image-size:302×168
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop