基本情報技術者平成27年秋期 午前問28

午前問28

"出庫記録"表に対するSQL文のうち,最も大きな値が得られるものはどれか。
28.gif/image-size:197×129
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H15秋期 問26
  • 基本情報技術者 H18秋期 問62

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

  • AVG()は、平均を計算する集計関数です。商品番号が"NP200"は4個ありレコード数は2なので、平均値として2が得られます。
  • COUNT()は、行数を数える集計関数です。"出庫記録"は4行からなっているので、4が得られます。
  • MAX()は、最大値を得る集計関数です。"出庫記録"のレコードの中で"数量"列の最大値である3が得られます。
  • SUM()は、合計値を計算する集計関数です。日付が"2015-10-11"であるレコードは3,4行目なので、2つの行の"数量"の値を合計した3が得られます。
したがって最も大きな値が得られるSQL文は「イ」になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop