基本情報技術者平成26年秋期 午前問20

午前問20

オープンソースライセンスにおいて,"著作権を保持したまま,プログラムの複製や改変,再配布を制限せず,そのプログラムから派生した二次著作物(派生物)には,オリジナルと同じ配布条件を適用する"とした考え方はどれか。
  • BSDライセンス
  • コピーライト
  • コピーレフト
  • デュアルライセンス

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オープンソースソフトウェア

正解

解説

コピーレフト(Copyleft)は、作成者が著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方です。

作品を不特定多数の人で共有して改善を加えるような場合に、著作者のみが著作権をもつという従来の仕組みが柔軟な創造活動の妨げになってしまうことがあります。しかし作品を「パブリックドメイン」※1にしてしまうと著作者の意思に反した利用がなされる可能性や、改変者が二次著作物の著作権を得てしまうなどの問題が出てきます。このような背景から、著作者の権利を保ったまま作品を不特定多数で共有し、共同での創造活動を可能にする「コピーレフト」の考え方が生まれました。

コピーレフトの考え方は、「GPL」「LGPL」「MPL」などのオープンソースソフトウェアのライセンスで導入されています。
  • BSDライセンスは、カリフォルニア大学によって策定されたフリーソフトウェアで使われるライセンス体系のひとつです。BSDライセンスのソースコードを組み込んだソフトウェアは、著作権表示、ライセンス条文、無保証の旨の三点をドキュメント等に記載さえしておけば、ソースコードを公開せずに頒布することが可能になっています。
    BSDライセンスでは、ソースコードの公開が義務ではないので誤りです。
  • コピーライトは、コピー・複写(copy)と権利(right)を合わせた言葉で、著作権や複製権を意味します。
  • 正しい。
  • デュアルライセンスは、ひとつのソフトウェアを2種類以上の異なるライセンスの元で配布するライセンス形態です。
※1 著作者が著作権を放棄するなどして知的財産権が消滅している状態
※2
GPL…General Public License
LGPL…Lesser General Public License
MPL…Mozilla Public License
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop