基本情報技術者平成25年秋期 午前問14

午前問14

MTBFが21万時間の磁気ディスク装置がある。この装置100台から成る磁気ディスクシステムを1週間に140時間運転したとすると,平均何週間に1回の割合で故障を起こすか。ここで,磁気ディスクシステムは,信頼性を上げるための冗長構成は採っていないものとする。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

それぞれの機器が21万時間に1回故障したとすると、ディスクシステム全体では21万時間に100回の故障を起こすことになります。つまりこのシステム全体のMTBFは、

 21万時間÷100=2100時間

ということになります。1週間に140時間運用するのでMTBFが2100時間であれば、

 2100÷140=15

15週間に1回の割合で故障が起こる計算になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop