基本情報技術者平成24年秋期 午前問7

午前問7

n!の値を,次の関数F(n)によって計算する。乗算の回数を表す式はどれか。
07.gif/image-size:199×49

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

仮の値として5!で確かめてみると、

 F(5)=5×F(4)
=5×4×F(3)
=5×4×3×F(2)
=5×4×3×2×F(1)
=5×4×3×2×1×F(0)
=5×4×3×2×1×1

関数の引数である5に対して乗算の回数は5回なので、引数がnである場合の乗算の回数はn回になるとわかります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop