基本情報技術者平成24年秋期 午前問30

午前問30

DBMSが,データベースの更新に対して保証すべき原子性(atomicity)の単位はどれか。
  • DBMSの起動から停止まで
  • チェックポイントから次のチェックポイントまで
  • データベースのバックアップ取得から媒体障害の発生時点まで
  • トランザクションの開始からコミット又はロールバックまで

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

原子性(atomicity)は、データベースのトランザクション処理を行う上で必要不可欠とされる4つの性質"ACID"の1つで、トランザクション内の処理がすべて実行されるか、または全く実行されないことを保証する性質です。
原子性を確保するには一度開始されたトランザクションは、コミットまたはロールバックのどちらかで終了しなければなりません。
正しいのは「エ」になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop