基本情報技術者平成23年秋期 午前問33

午前問33

UMLを用いて表した図のデータモデルの解釈のうち,適切なものはどれか。
33.gif/image-size:169×26
  • 1回の納品に対して分割請求できる。
  • 顧客への請求を支払で相殺できる。
  • 請求処理は納品と同時に実行される。
  • 複数回の納品分をまとめて請求できる。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

図をみると1つ以上の納品が、0または1回の請求に対応していることがわかります。

納品に対して請求がない場合が存在し、かつ、1回の請求が1つ以上の納品に対応することを考えると、複数回の納品分をまとめて請求することができることがわかります。
  • 1回の納品に対して複数の請求が発生するので、「納品―請求は、1対1以上」の関係になります。
  • 納品に対して請求がない場合が存在するので、「納品―請求は、1対0または1」の関係になります。
  • 納品と請求が1対1で対応するので、「納品―請求は、1対1」の関係になります。
  • 正しい。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop