基本情報技術者平成23年秋期 午前問17

午前問17

信頼性設計におけるフェールソフトの例として,適切なものはどれか。
  • アプリケーションを間違って終了してもデータを失わないように,アプリケーション側の機能で編集中のデータのコピーを常に記憶媒体に保存する。
  • 一部機能の障害によってシステムが停止しないよう,ハードウェアやソフトウェアを十分に検証し,信頼性の高いものだけでシステムを構成する。
  • クラスタ構成のシステムにおいて,あるサーバが動作しなくなった場合でも,他のサーバでアプリケーションを引き継いで機能を提供する。
  • 電子メールでの返信が必要とされる受付システムの入力画面で,メールアドレスの入力フィールドを二つ設けて,同ーかどうかをチェックする。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

フェールソフトは、障害が発生した時に、多少のシステム性能の低下を許容し、システム全体の運転継続に必要な機能を維持させようとする考え方です。フェールソフトを実践する対応としてフォールバック(縮退運転)やフェールオーバがあります。

クラスタ構成のシステムにおいてアプリケーション障害が発生した場合、クラスタの別ノードにアプリケーションのリソースを移動し処理を引き継ぎます。これをフェールオーバといいます。
  • フールプルーフの例です。
  • フォールトアボイダンスの例です。
  • 正しい。フェールソフトの例です。
  • フールプルーフの例です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop