基本情報技術者 平成22年春期 午前問44

午前問44

WAF(Web Aplication Firewall)を利用する目的はどれか。
  • Webサーバ及びアプリケーションに起因する脆(ぜい)弱性への攻撃を遮断する。
  • Webサーバ内でワームの侵入を検知し,ワームの自動駆除を行う。
  • Webサーバのコンテンツ開発の結合テスト時にアプリケーションの脆弱性や不整合を検知する。
  • Webサーバのセキュリティホールを発見し,OSのセキュリティパッチを適用する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26秋期 問41

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

パケットフィルタ型ファイアウォールは、通過するパケットのIPアドレスとポート番号を見て通過の可否を決めます。しかしXSSやSQLインジェクションなどのWebアプリケーションに対する攻撃パケットは、正規のHTTP通信に則り、HTTPポート(80/TCP)宛てに送信されるため、パケットのヘッダ情報だけでは通常のHTTP通信との区別がつきません。このためパケットフィルタ型ファイアウォールで、これらの攻撃を遮断することは困難です。
WAF(Web Application Firewall)は、Webアプリケーションの防御に特化したファイアウォールで、パケットのヘッダ部に含まれるIPアドレスやポート番号だけでなくペイロード部(データ部分)をチェックし、攻撃の兆候の有無を検証します。これによりWebアプリケーションに対する攻撃を検知し、遮断することが可能です。
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop