基本情報技術者平成22年春期 午前問11

午前問11

命令キャッシュを効果的に使用できるプログラムの作成方法はどれか。
  • アクセスする作業領域部分をまとめる。
  • 作業領域全体を平均的にアクセスするように作成する。
  • 頻繁に実行される処理部分をまとめる。
  • プログラム全体を平均的に実行するように作成する。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

命令キャッシュとは、一度実行された命令はまた近い将来呼び出される可能性が高いという考えに基づき、その命令をより高速にアクセスできるキャッシュメモリに保持させておく仕組みです。

プログラム中の頻繁に実行される処理部分をまとめておくことで、一度行った命令部分はキャッシュから読みだされることになるため、より高速な処理が期待できるようになります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop