基本情報技術者平成22年秋期 午前問51

午前問51

図のように,プロジェクトチームが実行すべき作業を上位から下位の階層へ段階的に分解したものを何と呼ぶか。
51.gif/image-size:289×185
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26春期 問52

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトのスコープ

正解

解説

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したものです。作業の漏れや抜けを防ぎ、プロジェクトの範囲を明確にすると同時に、作業単位ごとに内容・日程・目標を設定することでコントロールをしやすくする目的があります。
  • Critical Path Methodの略。クリティカルパスを求めることで、プロジェクト完了までの最短時間を決定したり、遅延が許されないタスクのつながりをはっきりさせることができます。
  • Earned Value Managementの略。プロジェクトにおける作業を金銭の価値に置き換えて実績管理をする進捗管理手法です。
  • Program Evaluation and Review Techniqueの略。アローダイアグラムと同義で対象とするプロジェクトの完遂に必要なタスクを図を使って分析する手法です。
  • 正しい。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop