基本情報技術者平成20年春期 午前問37

午前問37

知識ベースを利用して推論を行うものはどれか。
  • エキスパートシステム
  • ニューラルネットワーク
  • バーチャルリアリティ
  • ファジィコンピュータ

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

  • 正しい。エキスパートシステムは、人工知能研究から生まれたコンピュータシステムで、人間の専門家(エキスパート)の意思決定能力をコンピュータ上で再現するものです。
  • ニューラルネットワークは、脳機能に見られるいくつかの特性を計算機上のシミュレーションによって表現することを目指した数学モデルです。
  • バーチャルリアリティは、日本語で「仮想現実」と訳され、コンピュータなどによって作り出された世界をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに体験させる技術です。単にコンピュータグラフィックスを見せるだけでなく、ユーザが仮想世界に働きかけることができ、人間の五感のいずれかにその反応が返ってくることで人工的な現実感を得ることができることが特徴です。
  • ファジィコンピュータは、通常の集合と異なり、点がある集合に「属する」「属さない」のほかにこの2つの「中間的な状態」を許容するというファジィ集合を利用したファジィ制御を取り入れたコンピュータです。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop