基本情報技術者平成20年春期 午前問20

午前問20

処理装置で用いられるキャッシュメモリの使用目的として,適切なものはどれか。
  • 仮想記憶のアドレス変換を高速に行う。
  • 仮想記憶のページング処理を高速に行う。
  • 主記憶へのアクセス速度とプロセッサの処理速度の差を埋める。
  • 使用頻度の高いプログラムを常駐させる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H13春期 問21
  • 基本情報技術者 H17春期 問20

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

主記憶は補助記憶と比べ高速ですがCPUと比較するとずっと動作が遅く、この速度差からCPUが主記憶にアクセスしている間はCPUに待ち時間が生じ、処理効率の低下を招いてしまいます。
キャッシュメモリは、主記憶とは異なる半導体を使用した非常に高速にアクセスできるメモリで、このようなCPUと主記憶の速度差を埋め、CPUの処理効率を向上させる役割をもっています。
  • TLB(Translation Lookaside Buffer)の説明です。
  • メモリ管理ユニット(MMU:Memory Management Unit)の説明です。
  • 正しい。キャッシュメモリの説明です。
  • 主記憶の説明です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop