基本情報技術者平成20年秋期 午前問79

午前問79

特許権の付与に関して二つ以上の同一特許出願が競合した場合,我が国の特許法において優先的に取り扱われる者はどれか。
  • 抽選によって選ばれた者
  • 特許の出願実績が最も多い者
  • 最も先に出願した者
  • 最も先に発明した者

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

特許法は、発明をした者にその発明を独占して使用できる権利を与えることで、発明者の権利を保護し、その発明を公開することにより産業の発展を促進させる目的で制定された法律です。

本問のように同一特許出願が競合した場合については、特許法39条に規定が置かれています。

「同一の発明について異なつた日に二以上の特許出願があつたときは、最先の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる。」

上記の通り、日本の特許権は「先願主義」を採用しているので、2つ以上の同じ内容の出願があった場合は、最も先に出願した者のみが特許を受ける権利を有することになります。

したがって正解は「ウ」です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop