基本情報技術者平成20年秋期 午前問49

午前問49

A社の会員登録処理では,次の形式のIDを発行している。各年度末での発行済ID数の推移は表のとおりである。今後もこの傾向が続くと仮定した場合,この形式によるIDは何年度に使い尽くすと予想されるか。ここで,脱会した会員のIDは欠番として管理し,再利用は行わない。

〔ID の形式〕
XXNNN(例:AZ059 など)
  • Xには英大文字(A〜Zの26文字)を設定する。
  • Nには数字(0〜9の10文字)を設定する。
〔各年度末における発行済ID数の推移〕
49.gif/image-size:346×47
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H22春期 問55

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスの設計・移行

正解

解説

英大文字は26種類、数字は10種類であることから、現在のIDの形式で表現できる総ID数は、

 26×26×10×10×10=676,000個

であることが計算で導かれます。

そして表から計算すると1年間の新規発行ID数は、64,000〜66,000(平均65,000)であることがわかります。

新規のID発行数が、このままの数であると仮定すると

 [2008年度] 512,000+65,000=577,000
 [2009年度] 577,000+65,000=642,000 
 [2010年度] 644,000+65,000=707,000

というように推移していくと考えられ、2010年度には現在のID形式での限界ID数を超過することが予想されます。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop