基本情報技術者平成20年秋期 午前問43

午前問43

バグ埋込み法によってソフトウェア内に残存するバグを推定する。テストによって現在までに発見されたバグは 48 個であり,総埋込みバグ 22 個のうち,テストによって発見されたものは 16 個であった。あと幾つのバグが潜在していると推定されるか。ここで,埋込みバグの発見数とソフトウェアのバグの発見数は比例するものとする。
  • [この問題の出題歴]
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問55

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » ソフトウェア構築

正解

解説

埋め込みバグ数と検出されたバグ数の関係を図にすると次のようになります。
43.gif/image-size:444×110
数がわかっている埋め込み検出バグ数16個をもとにバグの検出率を求めると、

 16÷22=8/11

であることがわかります。埋め込まれたバグと既存のバグに対する検出率は同じになるので、検出された分も含めた既存のバグの総量は、

 32÷(8/11)=44

44個であることがわかります。この数字から検出済みの32個を引くと既存の残存バグ数は12個だとわかるので、これに埋め込まれたバグの残存数6個を足し合わせた18個がソフトウェアに含まれている残存バグ数ということになります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop