基本情報技術者平成20年秋期 午前問23

午前問23

USBハブの説明として,適切なものはどれか。
  • ハブ同士はクロスケーブルで接続する。
  • ハブの接続は,コンピュータの電源を入れる前に行う必要がある。
  • ハブを経由して,複数のコンピュータ同士を接続することができる。
  • ハブを利用して,外部機器をハブを含めて最大127台まで接続できる。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H18秋期 問5

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » 入出力デバイス

正解

解説

USBハブは、USBのポート数を拡張し、周辺機器を複数接続するための機器です。最近はマウス,キーボードやUSBメモリに始まり、扇風機、卓上ライトなどのバスパワーを利用した小型家電製品も増えているため、これらの機器を同時に接続するために使用されます。
23.gif/image-size:145×106
  • ハブ同士もUSBケーブルで接続します。
  • USBはホットプラグに対応しているため、電源が入った状態での機器の脱着が可能です。
  • 通常のネットワークに使用されるハブと異なりコンピュータ同士は接続できません。
  • 正しい。ハブの段数に制限がありますが、USBの規格上はハブを含めて最大127台まで接続可能です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop