基本情報技術者平成19年秋期 午前問50

午前問50

データベースのロールバック処理を説明したものはどれか。
  • 更新後ジャーナルを用いて,トランザクション開始後の障害直前の状態にまでデータを復旧させる。
  • 更新後ジャーナルを用いて,トランザクション開始直前の状態にまでデータを復旧させる。
  • 更新前ジャーナルを用いて,トランザクション開始後の障害直前の状態にまでデータを復旧させる。
  • 更新前ジャーナルを用いて,トランザクション開始直前の状態にまでデータを復旧させる。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19秋期 問38
  • 基本情報技術者 H22秋期 問56

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

ロールバックは、トランザクションの途中、プログラムのバグなどでアプリケーションからの応答がなくなったり強制終了した場合に、更新前ジャーナル(ログ)を用いてデータベースをトランザクション開始直前の状態に戻す処理です。

このロールバック処理は、トランザクションの原子性を保つために必要になっています。
トランザクションの原子性
正常終了した場合のみデータベースに反映させ、異常終了した時は処理が何もなかった状態に戻すこと。
中途半端な状態でのトランザクション終了は許されていません。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop