基本情報技術者平成19年秋期 午前問13

午前問13

十分な大きさの配列Aと初期値が0の変数pに対して,関数f(x)とg()が次のとおり定義されている。配列Aと変数pは,関数f(x)とg()だけでアクセス可能である。これらの関数が操作するデータ構造はどれか。

function f(x) {
 p=p+1;
 A[p]=x;
 return None;
}
function g() {
 x=A[p];
 p=p−1;
 return x;
}
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H24春期 問6

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » データ構造

正解

解説

この2つの関数で使われている変数pは現在の配列の要素数を保持している変数で、このことを踏まえると、f(x)は、配列の最後に引数であるxを代入する関数、g()は、配列の最後の要素を返す関数と考えることができます。
「配列の最後にデータを追加する」および「最後に追加されたデータを取り出す」という2つの操作を合わせるとLIFO(Last In First Out,後入れ先出し)のデータ構造が実現されることになります。選択肢の中でLIFOのデータ構造はスタックだけなのでこれが正解となります。
© 2010-2019 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop