基本情報技術者平成18年秋期 午前問34

午前問34

フェールセーフ設計の考え方に該当するものはどれか。
  • 作業範囲に人間が入ったことを検知するセンサが故障したとシステムが判断した場合,ロボットアームを強制的に停止される。
  • 数字入力フィールドに数字以外のものが入力された場合,システムから警告メッセージを出力して正しい入力を要求する。
  • 専用回線に障害が発生した場合,すぐに公衆回線に切り替え,システムの処理機能が低下しても処理を続行する。
  • データ収集システムでデータ転送処理に障害が発生した場合,データ入力処理だけを行い,障害復旧時にまとめて転送する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26春期 問15

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

フェールセーフ(fail safe)は、システムの不具合や故障が発生したときに、障害の影響範囲を最小限にとどめ、常に安全を最優先にして制御を行う考え方です。例えば、工業用機械で進入禁止区域をセンサーで監視し、人や物の侵入を感知したときには機械を緊急停止するというような設計がフェールセーフの実践例です。
  • 正しい。フェールセーフ設計の考え方です。
  • フールプルーフ設計の考え方です。
  • フェールソフト設計の考え方です。
  • フェールソフト設計の考え方です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop