基本情報技術者平成18年秋期 午前問31

午前問31

クライアントサーバシステムにおけるRPCの説明として,適切なものはどれか。
  • 遠隔地からコンピュータにアクセスしてくるユーザが,登録済か否かを確認する方式
  • データベースに対する一連の処理手順を一つにまとめ,クライアントから引数を渡してサーバで処理を行う方式
  • プログラム間の通信方式の一つで,処理の一部を他のコンピュータに任せる方式
  • 別の場所にあるコンピュータの磁気ディスクを共有資源として遠隔利用する方式

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

RPC(Remote Procedure Call)は、Remote(遠く隔たった),Procedure(手続き),Call(呼び出し)の言葉の意味通り、実行中のプログラムと別のアドレス空間(通常は共有ネットワーク上の別のコンピュータ)にあるサブルーチンや手続きを実行することを可能にする技術です。
  • リモートログインの説明です。
  • ストアドプロシージャの説明です。
  • 正しい。RPCの説明です。
  • NAS(Network Attached Storage)の説明です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop