基本情報技術者平成18年秋期 午前問21

午前問21

メモリインタリーブの説明として,適切なものはどれか。
  • CPUと主記憶間のアクセスを高速化するために,キャッシュメモリと主記憶の両方に同時にデータを書き込む。
  • CPUと主記憶のアクセス速度の違いによるボトルネックを解消するために,高速かつ小容量のメモリを配置する。
  • 主記憶へのアクセスを高速化するために,主記憶内部を複数のバンクに分割し,各バンクを並列にアクセスする。
  • パイプライン処理を乱す要因をなくすために,キャッシュメモリを命令用とデータ用の二つに分離する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H21秋期 問10

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

メモリインタリーブは、物理上は1つである主記憶領域を、論理的な複数の領域(バンク)に分け、これに並列アクセスすることで見かけ上のアクセス時間の短縮を図るメモリアクセス高速化の手法です。
  • 主記憶書込み方式のひとつ、ライトスルー方式の説明です。
  • キャッシュメモリの説明です。
  • 正しい。メモリインタリーブの説明です。
  • パイプラインキャッシュメモリの更新回路[特許]の説明です。キャッシュミスヒット時に、データの更新処理と、後続のスレッドからのアクセス処理との競合を回避し、パイプライン動作の乱れを防止する効果があります。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop