基本情報技術者平成16年春期 午前問44

午前問44

次の文はある二つの言語処理系について記述したものである。Bと比べたAの利点を記述しているものはどれか。

A:高水準言語で作成されたプログラムを,中間言語,アセンブラ言語又は機械語で記述されたプログラムに翻訳する。
B:原始プログラム中の命令文を一文ずつ解釈し,実行する。
  • 処理の最適化が図れる。
  • 対話的な実行環境が構築できる。
  • デバッグ機能を組み込みやすい。
  • プログラム作成とテストを並行してできる。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

Aは「コンパイラ方式」の説明、Bはインタプリタの説明です。
  • 正しい。コンパイル方式では、コンパイルの過程でソースコードの最適化を行ってから実行ファイルを生成します。インタプリタでは、ソースコードを1行ずつ翻訳しながら実行するため処理の最適化は行われません。
  • A、Bともに対話的な実行環境を構築できます。
  • A、Bともにデバッグ機能の組み込みやすさは変わりません。
  • インタプリタではプログラムを変更し実行することが容易なので、Bの利点になります。
またコンパイル方式はインタプリタと比較して、実行速度が速いという特徴があります。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop