基本情報技術者平成16年春期 午前問36

午前問36

クライアントサーバシステムの特徴に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • クライアントで業務処理の主な部分を実行することによって,業務手続の変更に容易に対応することができる。
  • ファイルサーバ,プリントサーバなどのようにサーバが専用化されている場合,比較的容易に個々のサーバの性能を向上させることができる。
  • 複数のサーバに機能を分散させることによって,データやプログラムが1か所に集まる集中型のシステムよりも容易にセキュリティを高めることができる。
  • 複数のサーバに業務処理の各ステップを機能分散させている場合には,特定のサーバに負荷が集中したときにもシステム全体への影響を少なくすることができる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

クライアントサーバシステム(client-server system:C/S)は、サービスを要求する側であるクライアントと、サービスを提供するサーバにアプリケーションの機能を分離した垂直分散システムの一形態です。
  • 業務処理の主な部分はサーバ側で実行されます。
  • 正しい。クライアントサーバシステムでは、サーバの機能を専用化させることで比較的容易に個々の性能を向上させることができるのが特徴です。
  • 1台のホストコンピュータで複数の業務を処理する集中システムと比較すると、情報資源が分散する分だけ機密保護やセキュリティの確保は難しくなります。
  • ある特定のステップに処理が集中した場合には、特定のサーバに処理が集中した場合と同様にシステム全体への影響がでます。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop