基本情報技術者平成16年春期 午前問34

午前問34

A,Bというディレクトリ名をもつ複数個のディレクトリが図の構造で管理されている。
34.gif/image-size:179×150
カレントディレクトリを ¥A¥B→..→..¥B→.¥Aの順に移動させた場合,最終的なカレントディレクトリはどこか。ここで,ディレクトリの指定方法は次のとおりとする。

〔ディレクトリの指定方法〕
  • ディレクトリは"ディレクトリ名 ¥…¥ ディレクトリ名"のように,経路上のディレクトリを"¥"で区切って指定する。
  • "¥"で始まるときは,左端にルートが指定されているものとする。
  • カレントディレクトリは"."で表す。
  • 1階層上のディレクトリは".."で表す。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H19秋期 問9
  • 基本情報技術者 H21秋期 問19

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

最初のカレントディレクトリはルートから見て「¥A¥B」の位置です。

このカレントディレクトリを問題文の指定方法に従って移動していきます。
[..]ピリオド2つは1階層上のディレクトリにを表します。「¥A¥B」の一階層上は「¥A」になります。

[..¥B]一階層上に移動してから、「¥B」ディレクトリに移動します。「¥A」の1階層上はルートなので、ルートから見た「¥B」に移動します。

[.¥A]ピリオド1つはカレントディレクトリを表します。現在のカレントディレクトリは「¥B」なので、「¥B」配下の「¥A」に移動します。

したがって移動後のカレントディレクトリは「¥B¥A」が適切です。
34a.gif/image-size:191×162
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop