基本情報技術者平成15年春期 午前問11

午前問11

数値に関する構文が次のとおり定義されているとき,<数値> として扱われるものはどれか。

<数値>::=<数字列>|<数字列>E<数字列>|<数字列>E<符号><数字列>
<数字列>::=<数字>|<数字列><数字>
<数字>::= 0|1|2|3|4|5|6|7|8|9
<符号>::=+|−

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 情報に関する理論

正解

解説

問題文のBNFを解釈すると、<数値>は、
  • 数字列
  • 数字列→E→数字列
  • 数字列→E→符号→数字列
の3つのいずれかの構文になり、どのケースにも文の始まりは<数字列>になることがわかります。
<数字列>は、符号(+,−)や「E」を含まない数字(0〜9)のみが連なったものなので、<数値>の最初の文字として符号を使うことはできないことになります。
したがって、選択肢の中で最初が数字で開始している「12E−10」のみが、このBNFの定義と一致します。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop